読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

仮面ライター~いつもと違うテンションで~

悪の雑談

いつもと趣を変えて

私はマーケティングも担当している。

エリアマーケティングである。

Webも担当している。

当然、1人ではできない。

 

コンテンツの記事は外注を検討する。

ライターの方には発注者側の意見として参考にしてほしい。

 

あ、プロブロガーで営業しなくても依頼が来る方には参考にならない。

 

ライティングで身を立てようとか、そうゆう方向けのお話だ。

 

まず、発注者である我々はライターの価値が分からない。

はっきり言うと文章の良し悪しが我々、発注者は無学の為に判別できないのだ。

だから稟議は通らず内製化してしまう。

 

その為、PV付のポートフォリオを提示してほしい。

CVまであれば尚のこと良い。

 

稟議の際、このライターはこの記事で○PV、このライターは○PV等と比較させてほしい。

 

我々には目標PVがある。

そこを共有したい。

目標PVへ近づけるなら費用対効果で発注判断ができる。

 できるだけ事例を用意してくれ。

 

我々が求めているのは外注・代行ではない。

君たちも素人相手に売るべきはアウトソーシングだ。

 

違いが分からない方は花田モデルでググってほしい。

 

 

1文字いくらと言われてもピンと来ない。

そこからどんな価値が生まれるのかしか興味はない。

 

素人には分からないとか、文章は大事だとかそんなことは言われなくても分かってる。

君たちが書くことで効果が出るであろうことも分かってる。

私達は君たちに任せたい。

しかし、目標に寄与することが見通せ無いものにカネは出せない。

それが組織だ。

皆の生活の糧になる経費を預かる者の判断だ。

 

マーケティングは市場を創造するプロセスだ。

 

君たちは我々に価値を示してほしい。

君たちへの発注はどのくらいの市場を創造するプロセスになるのか価値を示してほしい。

でないと比較できない。

君にいくら払えば我々はいくらの価値を生み出すことができるのか。

稟議はそこが必要になる。

 

君たちが自身のブログで何PVとかこちらで探してまとめて稟議を作成とか本当に面倒くさい。

その時間で内製化してしまう。

記事毎のPV、または実績やCVをまとめて提出してほしい。

自分の仕事のアフターくらい追うべきだ。

PDCAのCをきっちり行ってほしい。

本当に判断できない。

 

数字。

これはWeb制作屋にも言っているがどんなサイトを作ったかなど興味がない。

どんなPVが上がったかを知りたい。

だから彼等はアクセス数を共有してるところがほとんどだ。

 

それと同じでライターの方も発注者側にアクセス数の共有を求めるべきだろう。

 

目標に対してこういう事例があるからこういう記事にしましょうとか、PVではなく、CVの為にこういう記事にするとか、目標に対した意見や提案を望む。

でないと上に説明できない。

フワッとした印象論では企画内容や趣旨は変えられない。

世の中の組織は必要以上に硬直的なのだ。

とはいえ、分かりました言われたとおりに書きますなんてライターはそれこそ内製で十分だ。

君たちが事例や理論、数字で示せるなら私は全力で変更を上と掛け合おう。

 

今回は私の周りにいたライターが基準になっている。

アイツら分かってねーなー

とか

そんなんじゃダメだよ

とか

仕方なく本業じゃないのに内製で書いてくれている連中を馬鹿にするライター。

 

そういった方へ向けて書いている。

もちろん素人を馬鹿にしてる人は少ないだろうけど。

 

我々は好んで内製で行っているわけではない。

むしろ君たちの価値に期待している。

簡単に身につくスキルじゃないこともこうして自身で書いてて実感している。

 

価値が示せるなら報酬は払う。

ビジネスでやるなら戦略的にやってくれ。

感性だけでは発注できない。

それが我々の事情だ。

 

君たちはもっと我々の事情を知るべきだ。

 

Facebook広告が今、ワンクリックいくらだと思う?

毎月、予算かけるより、君たちが作るロングテール記事に1回いくらか払う方が得なのか?

どうなんだ?

 

それが我々には分からないんだ。

 

無名で凡庸なライター諸君

有名なライターは様々なキャラで差別化戦略を取っている。

君たちがソコを目指してキャラ立ちしようとしているだろうが我々はお腹いっぱいだ。

君たちがソコで仕事しようとするなら単価を下げるしかない。

切り下げた単価で生活していけるのだろうか?

 

無謀な新米ライター諸君

不安に震えたか?

だが心配ない。

 

発注側の気持ちや事情それを知る方法を

教えてやろう。

 

我々、悪の組織で改造を受ければ間違いなくうまくいく。

どこかの書生やセミナーにお金を払うより簡単だ。

我々にカネを払い改造手術を受けた方がよっぽどうまくいく。

アレがああなってコレがこうなる程度の簡単な改造だ。

 

 今まで多くのライターが我々の改造を受けた。

皆、素晴らしい実績を残している。

1人改造途中で脱走したが…。

 

今なら特別価格で改造しよう。

なぜ、こんな低価格でできるのか?

それは我々が君たちの業界をレモン市場にしたくないからだ。

君たちの業界の発展に寄与したいからだ。

しかし、我々も生活がある。

月5名限定とする。

早い者勝ちだ。

 

さぁ急いでカネを振り込むがよい!

ワーハッハッハ!

 

 

フフフ。

どうだ?

最後は悪の組織らしく終われただろう?

 

次に我々が目を付けているのがこの業界だ。

今回の記事もとある情報商材を参考にした。

注意喚起コンテンツ

教育コンテンツ

セールスコンテンツ

と、見事な流れだろう?

 

お?

早速、無知なライターから問い合わせかな?

 

あ、え?あの?有名な?

はい!お世話になっております!

いや~テーマですか?

もちろんお任せしますよ~

先生ならヒット間違いないですもん!

私らトーシロがひっくり返ってもそんな文章書けませんって~

も~やだな~

先生は違いますよ~

いじわるなこと言わないでくださいよ~

わかってるクセに~

 

いや今度、何人か先生のセミナーに送りますから~

1つよろしくお願いしますね!

 

 

アウトソーシングの正しい導入マニュアル (中経実務Books)

アウトソーシングの正しい導入マニュアル (中経実務Books)

 

 

 

 ・・・

すみません。

最近、知り合いのライターさんにディスられまして。

仕事の依頼が来ないのを企業や我々の無知無能のせいと罵られました。

ライティング技術を勉強された方から見ると我々は無知蒙昧でムダな仕事をしているそうです。

しかし我々が発注を行う為には稟議が必要です。

おまけに今まで内製だったものを外に出すには相応の理由が必要になります。

ライターの方には発注側の事情も理解していただきたいです。

長期的な視点に立てば発注側のコスト削減も言及がほしいところです。

 ランサーズやクラウドソーシングはなかなか、発注候補には上がりにくいです。

玉石混交過ぎてね。

私の知る企業ではですけど。

 

 

 

マーケティングの定義については、要約しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする