読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

老いを感じる休日

悪の雑談

悪の組織は休みでも訓練…。

 

ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]

ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]

 

 

 

仕事では遠くの出張も

 

残業も平気なのに

 

休み中の方が疲れる…。

 

昔は休みもたくさん遊んでたのにな…。

 

・・・

8月○日 行軍手記。

 

AM4:00 起床

軍師に起こされ、支度を命ぜられる。

私は、軍師の用意した荷物を車に積み込み、寝ている姉妹のオムツを交換、彼女らの装備を旅行用に換装する。

絶対兵器である姉妹は寝ているにもかかわらず、換装に抵抗。

軍師の計画に遅れが生じ、不機嫌になる。

 

AM5:00 出発。

既に軍師の計画は30分の遅れが出ている。

私はチャイルドシートという名の拘束具で姉妹を押さえつけることに成功し、出発の号令にいつでも応じることができるように運転席で待機する。

 軍師の最終チェックを経て出発。

 

AM8:30

 

3時間半運転して、城に到着。

遅れを取り戻す為に、スピードを上げると軍師からスピード出し過ぎを注意される。

仕方なく休憩を1回のみとし、遅れを取り戻す。

幸い渋滞もなく、車内の姉妹兵器はアンパンマンのDVDでご機嫌な様子。

 

城の駐車場で装備の確認。

 

私は、

500のペットボトル6本装備。

前後に姉妹を装備。各10㎏。

 

ここで、一眼レフカメラを忘れていることが発覚。

軍師にカメラはお前の管轄であり、お前のミスであることを告げられ、落ち込む。

 

駐車場より歩いて数分。

装備の重さにカメラを忘れてよかったことに気づく。

暑すぎて、姉妹兵器に水分をこまめに取らせる。

 私の分は現地調達を告げられるが、城エリアには自販機が見当たらない。

 

ここが最後の飲み物販売ですと声を上げる売店に人が殺到しており、私は水分補給を断念。

 

天守閣を目指す。

 

城内はサウナのようで、

姉妹兵器を歩かせる。

 

他のお客様のご迷惑にならないように階段のみ抱え上げ、少しでも詰まるようなら後続の方へ先を譲る。

 

通常の3分の1のスピードで天守閣へ。

同じスピードで城を降りる。

 

 

AM11:30 移動開始。

行軍後は、軍師の組んだ効率スケジュールにより近場の動物園に。

 

ここでも最強装備に身を包み、進撃を開始。

姉妹兵器が交互にぐずりだし、結局、前後に装備。

移動は前後に装備。動物の前で降ろす作業を何度も繰り返す。

 

PM1:00

1時間で動物をコンプリートし、昼食を取る。

私に食欲は全くない。

 姉妹兵器はお子様セットのジュースのみを摂取、軍師に怒られる。

 

姉妹兵器は拙い言葉で私を指し示し、「アイツも食うてないやんか」と軍師に訴える。

私は食欲が無かったが、面目を保つためから揚げ定食を注文。

 親切な店員がから揚げ2つオマケしてくれた。

ありがとう。

 

軍師からさらに通達。

お店によくして貰ったから残すのは失礼とのこと。

 

私は、姉妹兵器の残したハンバーグセットを胃袋に収納する。

 

 PM2:30 移動開始

 

昼食後は次の目的地である博物館へ。

ここで私に異変が起きる。

 

吐き気、頭痛。

大量の汗。息切れ。

 

これが熱中症という奴らしい。

 

博物館見学だけ我慢して行軍し、

車に戻ってから体調不良を軍師に告げる。

 

露骨に嫌そうな顔をされ、貧弱呼ばわり。

運転を変わってやるとの上から目線に私の心の奥底の何かがこれを全力で拒否。

 

宿泊先まで、意地を張り運転。

 

PM4:30 宿泊先到着

 

荷物を全て装備し、部屋へ入る。

 私は3時間ほど寝てしまった。

 

PM7:30 起床

目が覚めると、夕食は既に済ましたらしく、私の分はキャンセルとなり、代わりにコンビニのソバがあてがわれた。

宿泊先の夕食が豪華だったこと軍師やたら写真で示してくれた。

豪華な夕食の写真をおかずになかなかほぐれないソバを食べた。

 

軍師は私が食べ終わるのを確認すると大浴場に姉妹兵器と潜入する旨を告げる。

 

PM9:00

姉妹兵器は既に就寝。

私は軍師と反省会だ。

 

今回の反省点が軍師から告げられた。

 

曰く、私の老い。

 

昔はこのくらいのスケジュールで根をあげなかった。

 

この程度の行軍で倒れたりしなかった。

 

弛んでるのではないか。

 

そもそもギブアップは早めにしろ。

 

 

 私は老いたのか…。

ギブアップを早めにしろは日常、私が若手に口酸っぱく言ってるフレーズである。

 

 もう少し自分の身体を省みよう。

 

 

久しぶりのお休み楽しかったな。

また日々がんばろうっと。

  

pfassistant.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする