読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

悪の組織の大脱走

いいか!これは演習ではない!

繰り返す!演習ではない!
 
いいか!
ターゲットには傷1つ、つけるなよ!
一緒にいるヤツ、邪魔するヤツは
排除してかまわん!
 
全員警戒を怠るな!
何としてでもA地区、B地区までで確保しろ!
C地区まで行かれたら長期戦になるぞ!
 
オイ!
ビーチクでウケるんじゃない!
取り逃がしたらチクビどころか
クビがなくなるからな!
真面目にやれ!
 
 
ったく最近、下っ端連中弛んでないか?
 
クソ!
長期戦になったら
週末の運動会に行けなくなる。
せっかく一眼レフも買ったのに。
何より娘と奥さんに嫌われてしまう。
 
長期戦になったらアイツら
魔法少女にぶつけてやる!
 
この騒ぎも今年はもう5回目です。
その内1回は私の些細なミスで
数十名の戦闘員が失敗の責で
処刑されることになりました。
 
 
自分のミスで部下を失う。。。
そんな思いは二度とゴメンです。
 
幸い、嘆願を聞き入れてくれて
1ヶ月間の地域奉仕活動で済みましたが。。。
 
 
絶対に確保してやる!
 
 
 
・・・
 
 
騒々しいことになってますが
定期的に我が組織の秘密基地では
このような騒ぎが起きます。
 
何が起きてるかと言いますと。。。
 
 
 
 
ボスのネコが逃げました。
 
 
 
よくあるじゃないですか。
組織のボスが
なんか白い毛のフワフワしたネコを撫でながら通信してるやつ。
 

キャッツ&ドッグス 特別版 [DVD]

あのネコです。
 
 
先日、私がボスに原稿を渡したとき
ドアを開けっ放しにして出て行ったら
そこから逃げ出しました。
 
ボスのクソ猫の可愛いがりようったらありません。
緊急通信で確保命令が出ました。
 
結局、その日は捕まえることができなくてボスは駆り出された戦闘員全員の処刑を命じました。
 
幸い翌日には隣町で見つかり、
処刑は免れましたが
それ以来、たびたび逃げ出すのです。
 
 
私は対策マニュアルを作成、配備し
指揮系統を定め、発覚から
10分で対策本部を設置できるとこまで整えました。
 
二度とあんな思いをしないように。
 
 
・・・
 
ボスはあのクソ猫をとても可愛いがっています。
 
昨年、黒の組織傘下になって25周年を迎えた際、本家よりコードネーム特別命名権を与えられました。
 
普通、次代のボスになる息子や後継者候補、組織のエースにボスが直々にコードネームを与える目的で授与される権限です。
少なくとも他の組織ではそうしています。
 
 
しかし、我がボスはソレをネコに使いました。名誉幹部だそうです。
 
その名もビスコタ。

 

ビスコタ クッキー&クリーム 500ml

しかし、ビスコタはボスに全く懐いていません。
触られることが嫌みたいです。 
 
実は3回目の脱走の際、見つからなかったので幹部以下戦闘員まで全員で少しずつ出しあって似たような猫を買って入れ替えました。
 
けっこう高いんだよな。あのクソ猫。 
 
なので今のビスコタは2代目です。
ボスは気づいてないみたいですしね。
 
2代目も全く懐いてません。
 もう猫諦めてくれよ。。。 
 
・・・ 
 
「本部より入電!ビスコタは購入したペットショップで発見!それを聞いたボス自ら現場に向かいました!」
 
 げ!マズい!
本部の空気に耐えられず現場に出たのが裏目に出た! 
ボスより早く急行せねば!
本部は時間を稼げ!
 
 ・・・
 
6月らしく、雨が降ってきました。
日も暮れてきてあたりは暗くなってきています。
 
私が現場にたどり着くと部隊が周囲を包囲しており、
一人、傘をさした老人と向かい合う一匹のネコ。
 
 「ビスコタ。おいで。一緒に帰ろう。」 
 
フシャーッ! 
 
ビスコタは老人を威嚇しています。
 
 「怖かったな。こんな奴らに追われてかわいそうに。」 
 
アンタの命令だよ。クソ。
 
 雨の中、ボスがゆっくりと手を近づけたその瞬間!
 
 フシャァッ!!
 
 
 斬ッ! 
 
スタッ。 
 
ボスに飛び掛かり華麗に着地する猫。
警戒は解いていません。
 
 「ボ、ボス!お顔に傷が。。。」
ボスは俯いて傷のついた頬を押さえて震えています。
 
マズい!衛生斑!
 
 「いません!猫の確保に必要になるとは思わなかったので!」
 
そらそうか。
 
 
ビスコタ。。。
そんなにボスの事が嫌いだったのか。。。
心配するな。俺も、皆も嫌いだよ。
 
「ククククク…良い。引き上げるぞ。」
 
ボスは渡された手鏡を見ながら上機嫌に言いました。
 
お、怒ってない。。。 
 
・・・ 
 
秘密基地に戻り次第呼び出しがあり恐る恐るボスの元へ急行。
何故か傷のある顔の写真を撮ることを強要されました。
 
 
 
後日、組織案内のパンフレット、Webサイトの組織沿革が一斉に更新されました。
 
 
 ≪組織沿革≫
20XX年6月
多くの仲間を葬った野生のAmazon
ボス自ら1人で立ち向かい深い傷を追いながらも始末する。
 
 
 
 
 傷は男の勲章らしいです。
 
 
 
ちなみに
ビコスタはジャンケンで負けた私が飼うことになりました。      
 
広告を非表示にする