読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

採用に顔枠はあるのか?~悪の組織の場合~

皆様、どう思われますか?

 
採用面接において
美醜がどのくらい影響するのか?

 

いいですか?
ここから先の話は
あくまでも
悪の組織の場合です。
 
悪の組織の場合ですからね。
誤解しないよーに!
 
 
 

人間は見た目じゃない!中身だ!

 
そう思ってた時期が私にもありました。
 
ただ、ここで言う「見た目」とは
 
美醜ではなく、
 
身だしなみやマナー立ち振る舞いのことです。
 
 
なのでご安心ください。
大きな組織では、
美醜が影響することは滅多にありません。
 
選考対象がどんぐりの背比べで
甲乙つけがたい!
そんな時にしか発生しません。
 
大きな組織では、まず、人事部、次に各部門代表が面接官になりますので、
どーせ自分と働くことはありません。
 
なのでイケメン、美人かなんて二の次です。
 
 
本当に本当に横並びの時にしか発生しません。
 
 

小さな組織の採用面接

対して、小さな組織はどうかと申しますと
 
基本的には大きな組織と同じです。
しかし、大きな組織と比べて
面接官が訓練されてない点や
自分と働くことになりやすい点は要注意です。
 
また、基本的にはそんな組織に美女は来ない点も忘れてはいけません。
 
 
極々稀にしか出会わない美女に
面接官が舞い上がってしまうのです。
 
 
その舞い上がり方はヒドいものです。
オッサンとオッサンがまるで中学生のようにはしゃぐのです。
 
その醜い姿といったら
 
見るに堪えません
 
 

冷静になる面接官

しかし、すぐ冷静になります。
 
なぜなら、美女が入ってくると
トラブルの要因になるからです。
 
まず、オッサン、若手男性の浮つき。
そして既存女性構成員の妬み。
 
だいたい小さな組織では
それらを解決しなければならないのは
面接官の立場に立てる幹部になります。
 
 
かといって特段落とす理由もなく
 
そして捨てきれない煩悩。
 
 
万に一つ、奇蹟が起きて
いわゆる
「チョチョっと」
することがあるやもしれない。
 
そんな葛藤の後、
 
最終決定権を持つボスへ丸投げします。
 
 
組織のボスですから。
 
あらゆる状況を考慮した決断がなされるでしょう。
 
 
さすがにボスがダメだと言えば諦めもつきます。
 
ボスの最終面接を経て、
選考会議でダメとなれば
我々も
 
「御意」
 
てなもんです。
 
 
 
 
 
 

最終面接後の選考会議

 
 
 
さて、今回はこのメンバーから
5人、戦闘員を採用するわけですが
ボス?
どうでしたか?なかなかの人材がそろいましたが。
 
「まず、この美女は採用とする。」
 
 
!!!
 
「な、なぜですか?ボス?!他にも優秀な人材がおります!最初に選ぶべきは他にいるのでは!?」
 
 
「貴様ら、私の決定が不服か?」
 
 
 
「いえ!決してそういうワケでは…」
 
 
 
くそー諦めかけた夢を蒸し返しやがってー
うれしいじゃねーか。
 
 
「ならこれは決定だ。すぐに取りかかれ。決してしくじるなよ。」
 
 
ハハーッ。仰せのままにー
 
いやーまさか採用とは。
少ない枠の1つを埋めるとは。
 
さっそく呼び出すかなー
 
「いやまて。」
 
 
???
えーやめるのー?
 
やはり別の人材にされますか?
そりゃそーだよなー
組織の未来を担う人材だもん。
先に内定出す人がいるよね。
 
「でしたらこの者はいかがでしょう?ぜひ我が配下に!」
 
お、将軍、自分とこに優秀な人材を取り込もうとしてるな。
流れがいつもの感じに戻ったな。
 
 
 
「勘違いするな。頼りない貴様らに代わり、この美女は余が直々に呼び出して内定をだそう。」
 
 
???
 
え?そっち?
一人称統一しろよ!
 
「ボ、ボスの手をわずらわせるまでもありません。
たかが戦闘員の採用です。我々で呼び出し、手配させていただければ。」
 
 
「いや。余が呼び出す。貴様らには任せておけぬ。」
 
 し、しかし、今回の対応は全て私が窓口として対応するはずでは。。。
 
( ボスが出てくるとろくな事にならないんだけどな。
最後に内定式と入社式で偉そうにしててくれればいいんだけど。。。)
 
「不服か?」
 
えーと理由はなんスか?
勝手に条件とか約束されてきたら
経理(奥さん)に怒られまっせ。
 
 
「貴様!私に逆らう気か!」
 
いや、理由を聞きたいんスけど。
いつもこっちに投げてる内定から入るまでの手続きを、急に自分でやるって言い出した理由を。
 
「わかった。そこまで言うならおまえ達にもチャンスをやろう。ただし、失敗したら分かっているだろうな。」
 
あー、じゃーこっちでやっときますからね。
 
「この話は終わりだ。次。」
 
 
・・・
 
えー本日お電話したのはですね。
先日、ボスとの最終面接後に選考メンバーで検討した結果、
もう少し聞きたいことが出てきしたので、お忙しいところ申し訳ありませんが
もう一度、組織までお越しいただけませんか?
 
「ボス様からお電話いただきまして内定出すから来て欲しいと言われてますが・・・」
 
 
 
え?
そ、そうなんですか?
 
 
し、承諾していただけるのでしょうか?
 
 
「1週間ほど考えさせてくだいとお伝えしました。」
 
 
そ、そうですか。。。
 
 
で、では承諾いただけた場合、
書類をお渡ししますので
受渡日だけお約束しませんか?
 
「ボス様から営業時間中は忙しいので20時に●●でお約束させていただきました。」
 
 
 
くぁwせdrftgyふじこlp
 
 
 
数秒間停止してました。
 
チョチョっとしようとしてんじゃねーか
 
 
 
 
 
 
翌日、辞退の連絡がありました。
 
 
あくまでも悪の組織の話です。
 
 
なので一般の企業様では顔枠はないと思います。
 
 
 
 
広告を非表示にする