読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

組織、いや、人生の先輩として

黒の組織

はぁー

 
毎度毎度、
 
 
どうして悪の組織のボスって奴は
自分勝手なんだろう。

 

あいつら自分じゃろくに動きもしないくせに
構成員のことを替えのきく消耗品としか思ってないんです。
 
 
昨日、
4月に入ってきた新卒戦闘員が
「相談があるんです。」
と、私のもとにやってきました。
 
「ボスから研修終わったらお前は
やなせ斑へ5年行けと言われました。」
 
 
え?ナニソレ?聞いてない?
新卒の君達は黒の組織犯罪配属じゃなかったっけ?
 
確かにやなせ斑は
1人辞めちゃったけど先月の幹部会で
補充の話はでなかったからなー
 
まさか今年の新卒まわすとは。
ボスはいったい何を考えてるんだ?
 
 
「俺、黒いスーツが着たくて入ってきたんです。募集職種も犯罪だって。。。
コレって人事権の濫用じゃないんですか?
しかも5年っておかしくないですか?
入って2年で大佐になれるって募集してたのにやなせ斑行ったら5年は無理ってことですよね!」
 
うわー
相当怒ってるな。
ボスもどういう話のもっていき方したんだろう?
あの年代の人は
自分たちの時代の常識を捨てられないからな。
若い奴が何でも言うこと聞くと思ってやがる。
 
まあまあ落ち着いて。
軍曹には相談したのか?
 
「軍曹はやなせ斑からこっちにきた人じゃないですか。賛成するに決まってますよ」
 
うわーこのまま異動になったら辞めそうだなぁ。
くそう。大佐、部下のフォローをこっちに回さないでくださいよ。
下手したら大佐も知らないのか?
ボスの思いつきという天の声か。
 
 
「せめて世界征服斑で怪人候補とかならまだしもよりによってやなせ斑なんて。
それだったらまだタイム爆弾斑の3人に入る方がマシですよ!アラホラサッサーですよ!」
 
 
何言ってるんだおまえ。
いいか、仕事はどれも大切なんだぞ。
誰かがやらないと進まない仕事もたくさんあるんだぞ。
人の仕事を貶めることだけはしてはいけない。
 
 
「だって!あんなパン配るヒーローに手こずってるなんて二流じゃないですか!組織は俺に期待してないんですよ!せいぜい二流ぐらいになってくれればいい。そうおもってるんでしょ!」
 
 
 
あほ!
ばいきんまんは一流や!
 
 
まったくド素人が!
 
 
 
お前は何にもわかってない!
時代の流れについていけない年寄りも腹が立つがお前みたいな表面だけ見て知った気になる若いやつも本当に腹が立つ!
 
 
 
 
・・・
 
 
いかんいかん。
つい、怒鳴ってしまった。。。
 
大人なのに恥ずかしい限りです。
 
 
 
確かにやなせ斑は
組織から重要視されていません。
そこから上がる利益も先細りです。
 
 
でも日本に住むほとんどの人達は
まず最初に
そこから正義と悪を学ぶのです。
正義と悪の伝道です。
 
本当はもっと複雑で難解で
理不尽極まりないTPOで定義が変わる
正義と悪。
 
 
大人になれば見て見ぬふりをする正義と悪。
そこに恐れず向き合う最初の一歩。
 

 

 

 

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

 

 

まず、そこから我々が常にそばにいることを知ってもらうのです。
 
 
大人になった時に
我々とともに来るのか
我々に立ち向かって来るのか。
 
選べる強い大人になってもらう。
それがやなせ斑の使命です。
 
 
我々にとっては
正義も悪も見ないふり。
そんな業界の先細りが1番ダメージなのです。
 
儲けはなくとも世界にとっては重要な仕事です。
我々は悪の組織である前に
よりよき市民でなくてはなりません。
 
 
 
そしてこの活動は未来への投資。
未来の創客です。
 
少しでも早い段階で接触を図り、
知名度を上げていくのです。
そうする事で組織の未来への大きな財産となるでしょう。
 
 
こうした社会貢献の側面も
戦略的に取り入れた素晴らしいお仕事なのです。
 
 
コーポレートじゃないけど
コーポレートシチズンシップです。
 
 
・・・
 
 
なんとかなだめすかし
気持ちを切り替えたのか
「がんばります」
の、言質を取りました。
 
 
 
言質を取ったので
さっそくその旨をボスと上司に報告させました。
もちろん私もついて行きます。
こういうのはすぐ行動です。
 
これで数カ月はもつでしょう。
 
 
 
 
 
これが大人のやり方です。
 
 
 
 
 
広告を非表示にする