読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の秘密結社のアフター5

悪の組織でリーマンしながら悪の秘密結社パーフェクションで幹部として活動もするおっさんのブログです。

世を忍ぶ仮の姿~黒の組織~

黒の組織

私のもう一つの顔

 
黒の組織 構成員としての活動もご紹介します。
 
秘密結社パーフェクションのお手伝いもしておりますが私にも生活がありますので
普段はこちらの黒の組織での活動がメインとなります。こちらの方ではきちんと報酬を頂いておりますので。

 

黒の組織について

黒の組織と申しましても
某有名な組織ではありません。
そこの看板を借りた下部組織でございます。
 
と言っても独立性は高く
フランチャイズと言うよりは
ボランタリーチェーン程度の緩い関係です。
 
下部組織になったのは比較的最近であり、
我が組織は設立で言えばかなりの歴史を誇る老舗組織です。
 
私はそこに入り、日が浅いのですが
戦闘員からではなく、かといって怪人のような現場ポジションでもありません。
 
入った時から月イチの幹部会にも出席しています。
幹部の役職はついてませんけど。
 
主な任務は
組織の知名度向上
正義の味方やライバル組織の情報収集分析
正義の味方打倒計画の立案実行
新武器の導入立案実行
etc.
 
いわゆる何でも屋です。
必要とされる知識も多く
Webや統計
会計なんかも知見を求められます。
スキルもオフィスソフトは
データベースAccessも含めて必要になりますし
illustratorPhotoshopまで触れることがあります。
 
まだアナログな組織なので
怪人や戦闘員が報告書など事務処理の際は
ヘルプデスクとして声をかけられます。
 
けっこう大変です。
 
ボスは何とか大きな組織にしたい、勢力を伸ばしたいと方針を掲げていますが
時代の流れで
正義の味方の躍進
他組織の増加
と、なかなか思うようにはいってません。
 
それでも組織に所属する戦闘員や怪人は
基本的には優秀で一騎当千です。
 
構成員のほとんどがベテランの怪人級で
同規模の組織ではトップクラスの人材がいます。
 
ただ、戦闘員の離職率が高く
結果が出ないと改心したり、結果が出た若手が他組織へ移ってしまうこともしばしば。
 
ついこないだも大幹部級の人材が
大きな悪の組織へ引き抜かれてしまいました。
 
そのしわ寄せで大幹部の任務だった
戦闘員の採用業務も私がやることになっています。
 
おかげで秘密結社パーフェクションとしての活動時間捻出に四苦八苦しております。
 
このブログには黒の組織の愚痴なんかも少し含まれますが暖かい目で見守ってくださいますようお願いいたします。
 
広告を非表示にする